クリアケース 真空成形 ブリスターパック 透明パッケージ 包装資材| ジェーピーインク
本文へ移動

初めての方へ

「クリアパッケージを作りたいけど、何から始めていいのかわからない。」
このページはそのようなお客様のために、クリアパッケージ制作について最低限知っていただきたい情報を簡潔にまとめました。
また、ジェーピーインクがお客様に対してお手伝いできることも合わせて記載しています。
商品はよかったけど、パッケージで失敗してしまった…とならないように、商品に最適なパッケージをご検討ください。

クリアパッケージの種類

クリアパッケージには2つの種類があります。「ブリスターパック」は立体的な表現を得意とし、化粧品や歯ブラシなどの衛生用品などに多く用いられます。「クリアケース」はケースに直接印刷してディスプレイ感覚で製品を見せることができるため、化粧品や雑貨などに幅広く用いられます。

それぞれ、固有の特徴があり、見せ方、売り場、耐久性、ロット、コストなどを考慮してどちらのパッケージが向いているかを決める必要があります。
ジェーピーインクではクリアケース・真空成形、ともに設計・生産を行っているため、両パッケージを検討した上でお客様に最適なプランをご提案することができます。

最近ではECO材料への関心も多く聞かれます。以前に比べて、再生材料や樹脂量の使用を減らした素材等も出てきています。素材のご提案もさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

制作に必要なノウハウ

クリアパッケージを制作するには、一番の特徴である透明ということに気をつける必要があります。印刷デザインを行う場合、不透明な紙と違い白の使い方でいろいろな表現ができます。形状としましては、平面デザイン(絵柄作成)と立体デザイン(商品に合わせた形状図面作成)を行う必要があります。そのためクリアパッケージの経験が少ないところですと、ノウハウが無いことも少なくありません。逆にパッケージ形状設計をメインに行っている会社では、加飾等グラフィックデザインの経験が少ないところもあります。

その点、ジェーピーインクには両方の技術を熟知した担当者が集まっているためスムーズにパッケージを完成させるサポート体制が整っています。

国内一貫製造の利点

近年では海外製の安価なクリアパッケージが増えてきました。パッケージ製造を値段の安さだけで検討すると思わぬ痛手を食うことがあります。
「連絡が取りたい時に取れない」「製品が箱の中でガタつく」「言いたい事が伝わらず、思ったような仕上がりにならない」という声を多く耳にします。中には平気で納期が遅れてくるという意見までありました。

そのような事態にならないように、ジェーピーインクでは設計から製造、印刷、包装までを日本国内の自社工場で一貫して行っています。

製造ラインの調整がスムーズなため、納期のご相談やコストの見直しにもお答え出来ます。また一番の強みは工場直結体制だからこそ、他社ではトライしていない形状のパッケージが製品化でき、他社との差別化を図ることができます。


サービス提供全国対応:大阪・東京をはじめ、全国どこでもスムーズなサービスをご提供します。
2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る
クリアケース 真空成形 包装資材 ジェーピーインクホームページ